チャンピックスは確実に禁煙できる?

タバコを持つ女性

チャンピックスは禁煙治療薬の一種であり飲み薬です。一般的にタバコにはニコチンが含まれており、これが脳内のニコチン受容体と結合することでドーパミンと呼ばれる物質が放出されます。ドーパミンは快感を生じさせる物質なので、これがタバコをやめられない原因となります。ニコチンが切れるとイライラしたり、落ち着かなくなるのはこのためです。

チャンピックスにはこの症状を抑える効果があります。チャンピックスには、ニコチンが切れたときのイライラなどの不快感を抑え、さらにタバコを吸っても美味しくないと感じさせる効果があるため、禁煙の手助けをしてくれるのです。チャンピックスを服用することで確実に禁煙出来るかどうかというのは人それぞれの意思の強さに左右されるところもありますが、、服用しない人よりも禁煙できる成功率は上がると言えます。

基本的に禁煙治療をするためには、ある程度長い期間が必要となります。そのため継続的に薬を飲み続けなければいけないということが最低限守るべきことだとされますが、多くの人が陥りがちな失敗として即効性が無いからと言ってすぐに服用しなくなってしまうことや、だんだん吸う本数が少なくなって薬を服用しなくても大丈夫だ、と自分で勝手に判断してしまい服用を中断してしまうことです。医師の診断なく勝手に服用を中断してしまうと、再びタバコを吸ってしまい、禁煙治療も失敗してしまいます。
そのため、確実に禁煙するためには医師の指示に従い、チャンピックスを飲み続けることが重要です。ただ一度禁煙できたとしても環境が変わったり、ストレスなどで再びタバコを吸ってしまう人も大勢います。禁煙し続けるためには医師や周囲の人に協力してもらい、吸わないという意志を持ち続けることも大切だとされます。

チャンピックスは保険適用外の人でも通販なら安価

禁煙外来で治療を受けると、健康保険が適応されるので診察代や薬代が安く済むというメリットがあります。しかし健康保険が適応されるにはいくつかの条件が定められており、ニコチン依存症の診断テストで5点以上を取ること、平均本数と喫煙年数から計算されたスコアが200を超えることなどが決まっています。
基本的には1日1箱も吸うような人は間違いなく保険が適応されるので気にする必要はありませんが、治療を1度でも受けて1年以内に再び受診する人は、保険再算定が通らずに自由診療となり全てを実費で行う必要があります。

飲み薬であるチャンピックスを利用した禁煙は非常に人気のある方法で、12週間の治療に薬代を含めても13,000~20,000円で収まりますが、保険が使えない場合は43,000~66,000円の高額な医療費が必要となるため、できれば健康保険を使いたいものです。
しかし保険適用外の対象となるとどうしようもないので、費用を抑えたい場合には病院にかからずチャンピックスだけを購入して自分だけで禁煙をする方法を行う必要が出てきます。チャンピックスは医師の処方薬となっているので日本国内で購入することはできませんが、海外から個人輸入で購入すると処方箋がなくても入手することができますチャンピックスを通販で購入すると1ヶ月分が14,980円前後となっているので、3ヶ月分で44,940円です。 ネット通販を利用する まとめ買いをすると40,000円を切る値段となるので、自己負担で病院にいくよりも安く済みますし、病院だと何度かの診察があるので、通院するための手間も省けるのが大きなメリットです。また、チャンピックスのジェネリック医薬品も販売されているので、コストを大きく抑えたい人はそちらを選ぶのも良いでしょう。

禁煙を始める前に吸いたい欲求の対処法を考えておく

禁煙を達成させようと言う気持ちの前に立ちはだかるのが、禁断症状の壁です。タバコにはニコチンが含まれているのですが、脳にはニコチン受容体があります。そこにニコチンが結合すると、快感物質であるドーパミンが分泌されます。すると体や脳は、その快感物質をもっと欲しいと思うようになってしまい、それによってニコチンに対する依存が生まれてしまいます。禁煙をしてニコチンを摂取しなくなると、脳や体がそれに対して不満を訴えるようになり、それが精神的あるいは肉体的な不調となって出てくるのが禁断症状です。
そしてまた日常的にタバコを吸っていた人にとっては禁煙を開始したことによって、口にタバコを咥えなくなることに異常な寂しさや物足りなさを感じるかもしれません。
ですから禁煙を開始する前に、禁断症状や吸いたいという欲求、口寂しさに対する対策を考えておくのはとても大切なことです。
『そんなことは、その時になってから考えれば良いのでは』と思われる方もいるかもしれません。

しかし、特に精神的にも肉体的にも辛い禁断症状に見舞われると、色々と考えるのも面倒くさくなってしまい、手っ取り早い解決方法として結局、タバコに手が伸びてしまうと言うのはよくあることですから事前に対策を考えておき、それを準備しておくに越したことはありません。
禁断症状に対する対策としては、とにかく気分転換を心がけるのが一番です。タバコを止める代わりに自分の趣味の分野で思いっきり楽しむようにするとか、周囲の人と食事やお喋りを楽しむのがおすすめです。 周囲の人との食事 また貯金箱を用意してタバコを買ったつもりでそこにお金を入れていく、そして貯まったお金の使い道を考えるのも良いです。
一方口寂しさへの対策としてはタバコの代わりに口に何かを入れるのが望ましく、たとえばアメやするめ、また低ニコチンの含まれたガムなどがおすすめです。

このような対策をあらかじめ用意しておくことで禁煙の成功率を上げることができるので、禁煙を考えている人はまず実践してみましょう。