チャンピックスで何故禁煙できるのか

チャンピックスの効果を説明する医師

チャンピックスは禁煙補助薬です。禁煙補助薬というとタバコと同じくニコチンを含む薬もありますが、チャンピックスはそのような薬とは異なります。まずチャンピックスはニコチンを含みません。かと言って、ニコチンと全く関係のないところで効いているのかというとそうでもありません。脳の神経細胞にはニコチンレセプターがあり、ここにニコチンが結合することで心地よさを感じる物質が放出されるようになっています。チャンピックスはニコチンではありませんが、このニコチンレセプターに結合はするのです。
そして、本物のニコチンほどではありませんが、心地よさを感じさせる物質を少しだけ放出させます。このためタバコを吸わないときの禁断症状を和らげます。

もう一つ重要なことは、チャンピックスは本物のニコチンがこのレセプターに結合するのを邪魔する働きをします。そのため、タバコを吸っても今までのような心地よさが得られなくなり、タバコをおいしいと感じなくなります。この二つがチャンピックスの効果です。タバコの代わりにニコチンを摂る方法では、確かにタバコを吸いたくなったときの代替とはなりますが、言ってしまえばそれは完全な代替であって、別にニコチンへの依存を直接減らしたり、抑えてくれたりするわけではありません。言い換えれば、タバコは止められたとしてもニコチンが止められるようになるかというと、もちろんそれを目指して禁煙プログラムを進めるわけですが、やはり全員が成功するとは限らないわけです。チャンピックスはニコチンそのものではなく、ニコチンすなわちタバコを吸っても今までのような心地よさが得られにくくなることで、ニコチンへの依存を減らしてくれます。
一方で、ニコチン的な働きも多少持っているために、禁断症状も和らげてくれます。禁断症状を抑えつつ依存を減らすことで、禁煙に成功する可能性がぐっと高まるのです。