禁煙を成功させるならちゃんと通院しよう

禁煙外来

タバコを長年吸い続けると、知らないうちにニコチン依存症になっているので、やめたくてもやめることが出来なくなります。ニコチンの禁断症状に耐え切れなくなり、またタバコに手が伸びてしまいますから、本気でタバコをやめたいなら、禁煙外来で治療を受けるようにしてください。
禁煙外来に行くと、チャンピックスを処方してもらいますが、12週間継続して飲む薬なので、途中で通院をやめると、ほとんどの人が禁煙に失敗し、また吸うようになります。ゆえに12週間中に行われる5回の診療には、必ず訪れることが大切です。
禁煙治療を始めてから、1年後の禁煙成功率は通院回数の多さに比例していて、最後の5回目まできちんと通った方の成功率は、およそ5割という高い成功率になっています。
12週間のあいだに、喫煙の欲求がなくなり、自分で勝手に薬をストップさせる方もいますが、お医者さんの同意なしで勝手にやめると、また吸いたくなる可能性が高いので、指示に従って服用するようにしましょう。

ニコチンを摂取すると、ドーパミンという快楽物質が放出されるので、仕事や子育てなどのストレスが減らして、落ち着いた気持ちになることが出来ます。
それを繰り返すと、タバコがなければイライラしてしまうので、自力で禁煙するのは難しくなります。チャンピックスは脳内にあるニコチン受容体と結合して、喫煙時よりは少ないニコチンを放出するので、薬を飲めば、イライラを抑えられるのが特徴です。禁煙中につい一服したとしても、タバコのニコチンが脳の受容体と結合しないよう、チャンピックスの成分が阻害するので、あれほどおいしく感じたタバコをまずく感じたり、満足感を与えないようにすることが出来ます。
ニコチンガムやニコチンパッチなどを使うより、自然にタバコをやめられるので、成功率が高いのも当然といえるでしょう。